« ドローイングAPI | トップページ | Ajax機能 »

2007年4月20日 (金)

Cookieへのデータ保存

DojoではCookieを扱うAPIをdojo.io.cookieにおいて提供する。オブジェクトをシリアライズすることで、文字列だけでなく、オブジェクトを保存して取り出すことができるのが特徴である。

dojo.provide("dojo.io.cookie");

メソッドの一覧を以下に示す。setCookie/getCookieは文字列のみをCookieに保存/取得できる。setObjectCookie/getObjectCookieを使うことでオブジェクトを扱える。オブジェクトは、配列、連想配列または、単純なプロパティ名と値(文字列または数値)の組を持つオブジェクトに限られる。

メソッド説明
dojo.io.cookie.isSupported() ブラウザがCookieをサポートしているか
dojo.io.cookie.setCookie(name, value, days, path, domain, secure) 文字列をCookieに保存する
dojo.io.cookie.setObjectCookie(name, obj, days, path, domain, secure, clearCurrent) オブジェクトをCookieに保存する
dojo.io.cookie.getCookie(name) Cookieに保存した文字列を取り出す
dojo.io.cookie.getObjectCookie(name) Cookieに保存したオブジェクトを取り出す
dojo.io.cookie.deleteCookie(name) Cookieから削除する

clearCurrentがtrueのときは、古いオブジェクトは削除される。clearCurrentがfalseのときは、古いオブジェクトのプロパティのうち、追加/更新された値だけが更新される。上書きされないプロパティは削除されない。

daysは有効期限の日数を指定する。domainとpathによりCookieの利用範囲を指定することができる。secureはCookieのセキュアフラグの有効/無効を指定する。

var array1 = [1, 3, 5, 12, 22];

if(dojo.io.cookie.isSupported()){
  dojo.io.cookie.setObjectCookie("array1", array1, 60, true);
  dojo.debugShallow(dojo.io.cookie.getObjectCookie("array1"));
  dojo.io.cookie.deleteCookie("array1");
}

« ドローイングAPI | トップページ | Ajax機能 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/232684/6159669

この記事へのトラックバック一覧です: Cookieへのデータ保存:

« ドローイングAPI | トップページ | Ajax機能 »